現在地HOME > イベント情報詳細

揚輝荘 イベント情報詳細

イベント予定

タイトル 「明治・大正時代の交通拠点 覚王山」
日程 令和5年1月14日(土)~2月19日(日)
場所 聴松閣 二階展示室
概要  明治31年(1898)、名古屋市に初めて路面電車が走りました。笹島-久屋町間(広小路線)のことです。その後、明治37年に覚王山日暹寺(日泰寺)が建立されると、路線は東へと延びて行きました。
 この企画展では、その頃の名古屋市内の交通事情を紹介するとともに、写真展示により覚王山周辺の当時と現代を見比べていただき、昔の覚王山を偲んでいただきます。

◆パネル展   令和5年1月14日(土)~2月19日(日)
          聴松閣二階 展示室5

<内容>
 明治30年代の名古屋市の交通事情を「市内路面電車」を中心に紹介する企画展示。
 ・覚王山を拠点とした路面電車、市内バス路線の紹介
 ・当時の名古屋市の時代背景の説明
 ・覚王山周辺の当時と現代の比較写真パネル展

◆見学無料(要聴松閣観覧料)
市電(覚王山駅)明治末~大正初期

市バス(覚王山駅)昭和初期
主催 揚輝荘
問合せ先 揚輝荘 052-759-4450