現在地HOME > 園内案内

揚輝荘 園内案内

北園

■伴華楼(ばんがろう)

昭和4年、鈴木禎次の設計により尾張徳川家ゆかりの座敷に洋室等を加えて建築しています。
事前申込制でガイド付き建物見学を行っています。
→北園ガイド付き建物見学の案内へ

伴華楼外観写真

■白雲橋(はくうんきょう)

修学院離宮の千歳橋を模したといわれる廊橋で北庭園のシンボルです。龍の天井絵、手彫りの白木擬宝珠などに趣向が凝らしてあります。

白雲橋外観写真

■三賞亭(さんしょうてい)

大正7年、茶屋町(現中区丸の内二丁目)の伊藤家本宅から移築した揚輝荘最初の建物です。煎茶の茶室で、竹のなげしなど東洋風のデザインが見られます。

三賞亭外観写真

■北庭園

京都の修学院離宮の影響を受けたと考えられる池泉回遊式庭園です。山桜、新緑、紅葉、落葉と四季折々の景色が楽しめます。入口の橋の欄干、白雲橋の階段、伴華楼の腰壁などには五色玉石貼りが見られます。

北庭園写真

南園

■聴松閣(ちょうしょうかく)

ハーフチンバーの外壁など山荘風の外観をした迎賓館で、昭和12年に建築されました。地上三階の各室は各国様式がミックスされており、地階は全体がインド様式です。
→聴松閣案内へ
建物内の一般公開を行っています。
→一般公開の案内へ

聴松閣外観写真

■揚輝荘座敷(ようきそうざしき)

大正8年、矢場町五ノ切にあった屋敷を移築したもので、ベンガラ色の土壁と杉皮張りの腰壁には優雅な雰囲気が感じられます。
(現在非公開)

揚輝荘座敷外観写真

■南庭園

回遊式の枯山水石庭です。茶庭の遺構を巡る散策路には名石、奇石に加え、五輪塔、四方佛手水鉢、大灯籠などの石造物が配置されています。南端には当初からの築地塀が残されています。

南庭園写真